2014年07月12日

富士のミネラルウォーター


富士のミネラルウォーター

日本を代表するミネラルウォーターとして富士のミネラルウォーターがあります。

この商品について紹介しましょう。

日本ではミネラルウォーターが飲まれるようになったのは最近のことですが、この富士ミネラルウォーターはなんと昭和4年から製造されているのです。

当時のミネラルウォーターの需要はほとんどなかったと考えられますが、それでもおいしい水を飲むという考えは現代に引き継がれているということです。

その名の通り富士山麓で採取されるミネラルウォーターです。

ペットボトルを採用したのもこの会社は早かったようです。

富士山ろくでの水はバナジウムが多く含まれていると言われています。

玄武岩層を流れることによってそのような成分になっているのでしょう。

弱アルカリ性で飲みやすい軟水です。

ですから、赤ちゃんの粉ミルクを作るときに使用してもよいと宣伝されています。

もちろん、そのまま飲んでもいいですし、沸かして飲んでも構いません。

このミネラルウォーターは日本で開催された主要国首脳会議サミットの水としても有名です。

会議の席上で配られるペットボトルの水なのです。

世界各国から人が集まるのですから、誰でもが飲める水として採用されているのでしょう。

創業以来、日本を代表していると言われているのです。

この会社は実際にミネラルウォーターの販売だけで成り立っています。

他のメーカーのほとんどは飲料の一つとしてミネラルウォーターを販売しているのですから、その商品にかける意気込みは全く違っているでしょう。





posted by bousizukin at 13:10| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターは最近ではどこにでも売っているようになりました。

このミネラルウォーターについて考えてみましょう。

そもそもミネラルウォーターとはどのようなものを言うのでしょうか。

それは容器に入った飲料水ですが、そのもとが地下水によるものです。

原水の成分に対して、調整を行っていないものをナチュラルウォーターとかナチュラルミネラルウォーターと呼んでいます。

ようするにそのままの水と言うことです。

ミネラルウォーターに対する言葉としてはボトルドウォーターと言います。

厳密な区分は農林水産省のガイドラインがあります。

日本にはもともとミネラルウォーターと言うものはありませんでした。

外国から入ってきたのです。

水の事情が国によって大きく異なっています。

日本ではたいていの土地で井戸を掘れば地下水を汲みだすことができます。

そしてそれは飲料水として問題ないのです。

しかし、イギリスなどでは地下水の水は飲めないのです。

硬度が高すぎるためです。

そこで、他の地域の地下水を瓶に入れて販売するようになったのがミネラルウォーターの始まりでした。

日本では健康のためや自然によいということで、水道水よりもおいしい水を求めるようになりました。

それにメーカーが対応して現在販売されているようなミネラルウォーターがあるのです。

実際に健康によいのかどうはわかりませんが、自然の水、大自然の恵みと言ったイメージでミネラルウォーターを飲んでいる人が多いのではないでしょうか。

日本でも都会の水道水は塩素臭のためとても飲めないと言う人が多いのです。

posted by bousizukin at 12:00| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

にきびのケアに漢方薬を用いる方法


にきびの改善のために漢方薬を用いるという方法があるのをご存知でしょうか。
ストレスや食習慣、肌質やホルモンバランスなどの様々な原因で起こる症状がきびはであり、にきびの原因は人によって違うものです。
漢方薬でのにきびのケアは、にきびの症状が似ていても原因や状況によって処方が変わります。
個人別にそれぞれのにきびができる理由に合わせて処方ができることが漢方によるにきびケアの利点ではないでしょうか。
漢方薬は効き目がゆっくりで即効性はありませんが、にきび治療での漢方は1ヶ月弱ほどで効果が出始めるようです。
根本から体質改善によってにきびを直すことがでるのが漢方薬です。
ですからにきびの再発防止にもなるでしょう。


posted by bousizukin at 10:30| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

ミネラルウォーターの購入


ミネラルウォーターの購入

最近は健康に関心を持つ人が増えてきています。

それによって、毎日飲む水もこだわりを持つようになっているのです。

水の代わりにミネラルウォーターを飲んでいる人はかなりいると考えられています。

もちろん、水道の水はほとんどただに近いですが、ミネラルウォーターは購入しなければなりません。


毎日飲んだり、料理に使ったりするならば、少しでも安いものを購入する必要があります。

しかし、安ければいいというものではありません。

成分もよくわからないようなミネラルウォーターであれば、飲まない方がいいというケースもあるからです。

多くの人はちょっとした時にはコンビニやスーパーでミネラルウォーターを購入しています。


そして、多量に買う時には通販や宅配を利用しているのです。

通販業者はたくさんありますから、どの業者を選ぶかは迷うところです。

宅配業者とミネラルウォーターの生産者が一体となっているところもたくさんあります。

ブランド名やメーカーの知名度で選ぶのではなく、その成分や飲みやすさなどで決めた方がいいでしょう。


もちろん、成分表を見ただけではおいしいかどうかはわかりません。

最初はサンプル程度の量を注文してみましょう。

そして、長く飲み続けられそうであればたくさん注文すればいいのです。

ペットボトルに入っているミネラルウォーターの保存期間は短くはありませんから、少しずつ飲んでもいいでしょう。

しかし、一度開封したものは早めに飲んでしまう必要があります。

料理などに使用すればあっという間になくなってしまうでしょう。



posted by bousizukin at 10:30| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

ミネラルウォーターの比較


ミネラルウォーターの比較

ミネラルウォーターを好んで飲んでいる人が増えてきたのではないでしょうか。

コンビニやスーパーなどではたくさん種類のミネラルウォーターが販売されています。

その中のどれを選べばいいかわからない人も多いのです。

そこで市販されているミネラルウォーターの特徴などを比較してみましょう。

まず「クリスタルガイザー」はアメリカ産です。

ロッキー山脈の近くで取れる水を原料にしているようです。

日本人に合いやすい軟水です。

アメリカでは1ガロンのペットボトルで販売されていることが多いようです。

日本でもペットボトルで販売されていますから、飲んだことのある人も多いと思います。

大容量のペットボトルならば、イベントやアウトドアでの利用が便利ですね。

水分補給だけではなく、コーヒーや紅茶として利用するのもいいのではないでしょうか。

それから「ボルヴィック」です。

原産地はフランスです。

ヨーロッパでは一般的に硬水が多いのですが、ボルヴィックは軟水です。

日本に輸入されているのは軟水が日本人の好みに合っているからかもしれません。

日本では一番人気が高く、最大のシェアを誇っていると言われています。

ヨーロッパの火山活動によるミネラルが豊富なミネラルウォーターとなっているのです。

ミネラル成分はバランスよくまろやかな口当たりが人気の秘密かもしれませんね。

販売はサントリーが行っています。

最後に「ヴィッテル」です。

フランス東部の山ろくで採取されている水です。

近くには伝統のある温泉保養地があるのです。

硬水なのですが、カルシウムを多く含んでいますが非常に飲みやすくなっています。



posted by bousizukin at 11:40| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。