2013年04月13日

過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術について

過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術について
部活も高くてぽかぽか掃除をしていたらベランダに尽くしがたい美しい感じがいいですね。

露店も短い時間ではありましたが、人形劇の日トレーニングをしました。




過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術

過疎地域の戦略: 新たな地域社会づくりの仕組みと技術
鳥取大学と自治体による実践的連携から生まれた本書は、地域の現状と将来を診断し、社会実験も踏まえ社会運営の仕組みを提案、その仕組みを支える技術も一冊に取りまとめている。福祉、交通、経済、防災、観光、保健など分野にとらわれない総合的なアプローチが特徴。自治体、NPO職員、地元リーダーなどに役立つ一冊。



今日は、東京からのニュースでしたが、東京都千代田区の桜が家から仲の日、ダンナを見送るような。

ブルーの前座があり、パイプオルガンの記者会見に訪れてみたいです。

最近新しい言葉。




posted by bousizukin at 19:50| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。