2014年06月27日

no-title




posted by bousizukin at 11:20| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

no-title




posted by bousizukin at 11:10| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

no-title




posted by bousizukin at 11:00| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

富士のミネラルウォーター


富士のミネラルウォーター

日本を代表するミネラルウォーターとして富士のミネラルウォーターがあります。

この商品について紹介しましょう。

日本ではミネラルウォーターが飲まれるようになったのは最近のことですが、この富士ミネラルウォーターはなんと昭和4年から製造されているのです。

当時のミネラルウォーターの需要はほとんどなかったと考えられますが、それでもおいしい水を飲むという考えは現代に引き継がれているということです。

その名の通り富士山麓で採取されるミネラルウォーターです。

ペットボトルを採用したのもこの会社は早かったようです。

富士山ろくでの水はバナジウムが多く含まれていると言われています。

玄武岩層を流れることによってそのような成分になっているのでしょう。

弱アルカリ性で飲みやすい軟水です。

ですから、赤ちゃんの粉ミルクを作るときに使用してもよいと宣伝されています。

もちろん、そのまま飲んでもいいですし、沸かして飲んでも構いません。

このミネラルウォーターは日本で開催された主要国首脳会議サミットの水としても有名です。

会議の席上で配られるペットボトルの水なのです。

世界各国から人が集まるのですから、誰でもが飲める水として採用されているのでしょう。

創業以来、日本を代表していると言われているのです。

この会社は実際にミネラルウォーターの販売だけで成り立っています。

他のメーカーのほとんどは飲料の一つとしてミネラルウォーターを販売しているのですから、その商品にかける意気込みは全く違っているでしょう。



posted by bousizukin at 11:20| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

ミネラルウォーターの比較


ミネラルウォーターの比較

ミネラルウォーターを好んで飲んでいる人が増えてきたのではないでしょうか。

コンビニやスーパーなどではたくさん種類のミネラルウォーターが販売されています。

その中のどれを選べばいいかわからない人も多いのです。

そこで市販されているミネラルウォーターの特徴などを比較してみましょう。

まず「クリスタルガイザー」はアメリカ産です。

ロッキー山脈の近くで取れる水を原料にしているようです。

日本人に合いやすい軟水です。

アメリカでは1ガロンのペットボトルで販売されていることが多いようです。

日本でもペットボトルで販売されていますから、飲んだことのある人も多いと思います。

大容量のペットボトルならば、イベントやアウトドアでの利用が便利ですね。

水分補給だけではなく、コーヒーや紅茶として利用するのもいいのではないでしょうか。

それから「ボルヴィック」です。

原産地はフランスです。

ヨーロッパでは一般的に硬水が多いのですが、ボルヴィックは軟水です。

日本に輸入されているのは軟水が日本人の好みに合っているからかもしれません。

日本では一番人気が高く、最大のシェアを誇っていると言われています。

ヨーロッパの火山活動によるミネラルが豊富なミネラルウォーターとなっているのです。

ミネラル成分はバランスよくまろやかな口当たりが人気の秘密かもしれませんね。

販売はサントリーが行っています。

最後に「ヴィッテル」です。

フランス東部の山ろくで採取されている水です。

近くには伝統のある温泉保養地があるのです。

硬水なのですが、カルシウムを多く含んでいますが非常に飲みやすくなっています。



posted by bousizukin at 11:50| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。