2014年05月12日

にきびのケアと食生活


にきびのケアを考えるには食生活の見直しも大事です。
それではどういう食生活をすれば、にきびを作ってしまうのでしょうか。
食べるものでにきびを寄せ付けないようにするには、にきびの原因になるような皮脂を作りやすい食べ物を避けることです。
にきびを予防するために、にきびに悪いとされる食材は摂らないようにすることはいいのですが、あまりに避けすぎて食事のバランスを欠いてしまうことは、健康を維持するためでは決してよくないのです。
適正な食事の量を心がけ、バランスの良い食生活をすることが、にきびのケアにはよい結果となります。
フライや天ぷらなどの油ものや、肉類などの動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を促します。
にきびをケアするためには、肉類よりは魚介類を食べたほうがいいでしょう。




posted by bousizukin at 12:40| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。