2014年05月04日

ミネラルウォーターの成分


ミネラルウォーターの成分

水は人が毎日飲まなければならないものですから、その成分がどのようになっているのかを知っておくことは大事です。

市販されているミネラルウォーターはたいていのものが成分調整されています。

その成分はペットボトルのラベルに書いてありますが、皆さんはじっくりと読んだことがありますか。

基本的な成分としてはナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムです。


汲みあげた地下水の場所によってその成分は大きく変わってきます。

また、成分によって硬度も違います。

自分がどのような目的でミネラルウォーターを飲もうと考えているのかを把握して、それに効くミネラルウォーターを選択しなければなりません。

ミネラルウォーターの硬度が違っていても、見た目ではわかりません。

普通の水に見えるはずです。

しかし、飲み比べてみてください。

はっきりと違いがわかるのです。

サントリーの南アルプス天然水はナトリウムが0.65mgなのですが、ハウス食品の六甲のおいしい水はナトリウムが2.95mgとなっています。

その差は非常に大きいと言えるでしょう。


成分を調整することによって、飲みやすさなども変わってきます。

健康に良いと言っても、飲みにくいものであれば長続きしませんね。

ミネラルウォーターは薬として飲むのではなく、日常生活の中の水として飲まなければならないからです。

多くの人はミネラルウォーターを料理などにも使用しています。

水を使うべきところにミネラルウォーターと言う訳です。

成分によっては料理に適さないものもありますから、注意が必要でしょうね。





posted by bousizukin at 09:50| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

ミネラルウォーター販売


ミネラルウォーター販売

インターネットを通じてミネラルウォーターを販売している業者はたくさんあります。

最近の健康志向の高まりによって、多くの人がミネラルウォーターを購入するようになっています。

ミネラルウォーターは毎日飲むのであれば、すぐになくなってしまいます。

販売業者の売り上げも大きなものがあるのです。

送料無料であったり、レンタルサーバー無料などであったりするサービスで他の販売業者との差異化を図っているのです。

多くの人は銘柄よりも価格を重視しているのではないでしょうか。

これからもミネラルウォーターの需要は高くなっていきます。

しかし、高齢化社会を迎えるに当たっては、高齢者に優しいミネラルウォーターと言うものが販売されてもいいような気がします。

ミネラルは確かに健康に良いのですが、胃腸の弱い人には下痢などの症状が出る場合があるからです。

健康によく、そして飲みやすいものがミネラルウォーターに求められているのです。

ミネラルウォーターだけの販売に特化した業者もたくさんいます。

国内だけではなく輸入品の需要も多いからです。

他の飲料と違う販売ルートが確立されているのでしょう。

毎日飲むと言うことはその消費量はジュースなどに比べてはるかに多いということです。

一般的な送料などを設定すれば、それだけでかなりの金額になってしまうのです。

また、開封しなければ長期の保存にも耐えると考えられます。

長期保存用の飲料水としても使うことができるのです。

ミネラルウォーターサーバーなどがあちこちで見られるようになりました。

しかし、これから販売業者の淘汰が始まるのかもしれません。



posted by bousizukin at 08:20| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

ミネラルウォーターの比較


ミネラルウォーターの比較

ミネラルウォーターを好んで飲んでいる人が増えてきたのではないでしょうか。

コンビニやスーパーなどではたくさん種類のミネラルウォーターが販売されています。

その中のどれを選べばいいかわからない人も多いのです。

そこで市販されているミネラルウォーターの特徴などを比較してみましょう。

まず「クリスタルガイザー」はアメリカ産です。

ロッキー山脈の近くで取れる水を原料にしているようです。

日本人に合いやすい軟水です。

アメリカでは1ガロンのペットボトルで販売されていることが多いようです。

日本でもペットボトルで販売されていますから、飲んだことのある人も多いと思います。

大容量のペットボトルならば、イベントやアウトドアでの利用が便利ですね。

水分補給だけではなく、コーヒーや紅茶として利用するのもいいのではないでしょうか。

それから「ボルヴィック」です。

原産地はフランスです。

ヨーロッパでは一般的に硬水が多いのですが、ボルヴィックは軟水です。

日本に輸入されているのは軟水が日本人の好みに合っているからかもしれません。

日本では一番人気が高く、最大のシェアを誇っていると言われています。

ヨーロッパの火山活動によるミネラルが豊富なミネラルウォーターとなっているのです。

ミネラル成分はバランスよくまろやかな口当たりが人気の秘密かもしれませんね。

販売はサントリーが行っています。

最後に「ヴィッテル」です。

フランス東部の山ろくで採取されている水です。

近くには伝統のある温泉保養地があるのです。

硬水なのですが、カルシウムを多く含んでいますが非常に飲みやすくなっています。



posted by bousizukin at 08:40| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

富士のミネラルウォーター


富士のミネラルウォーター

日本を代表するミネラルウォーターとして富士のミネラルウォーターがあります。

この商品について紹介しましょう。

日本ではミネラルウォーターが飲まれるようになったのは最近のことですが、この富士ミネラルウォーターはなんと昭和4年から製造されているのです。

当時のミネラルウォーターの需要はほとんどなかったと考えられますが、それでもおいしい水を飲むという考えは現代に引き継がれているということです。

その名の通り富士山麓で採取されるミネラルウォーターです。

ペットボトルを採用したのもこの会社は早かったようです。

富士山ろくでの水はバナジウムが多く含まれていると言われています。

玄武岩層を流れることによってそのような成分になっているのでしょう。

弱アルカリ性で飲みやすい軟水です。

ですから、赤ちゃんの粉ミルクを作るときに使用してもよいと宣伝されています。

もちろん、そのまま飲んでもいいですし、沸かして飲んでも構いません。

このミネラルウォーターは日本で開催された主要国首脳会議サミットの水としても有名です。

会議の席上で配られるペットボトルの水なのです。

世界各国から人が集まるのですから、誰でもが飲める水として採用されているのでしょう。

創業以来、日本を代表していると言われているのです。

この会社は実際にミネラルウォーターの販売だけで成り立っています。

他のメーカーのほとんどは飲料の一つとしてミネラルウォーターを販売しているのですから、その商品にかける意気込みは全く違っているでしょう。



posted by bousizukin at 08:40| 防災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。